サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
面白くてよくわかる!仏教 -- 一般常識としての仏教を知る大人の教科書
著者 松濤弘道=Matsunami, Kodo
出版年月日2010.03.10
ページ208
出版者アスペクト=Aspect Corporation
出版サイト http://www.aspect.co.jp
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート著者紹介:松濤弘道(マツナミコウドウ)1933年生まれ.仏教學者.ハーバード大學大學院卒業.マスター・オブ・アーツ.卒業後、ハワイ浄土宗別院で開教に従事.上野學園大學國際文化學部前教授.現在は浄土宗近龍寺(栃木県)住職.世界仏教徒連盟名譽副會長(本部バンコク).全日本仏教會國際交流審議會前委員長.藍綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された當時に掲載されていたものです)。「面白くてよくわかる!」シリーズ。四六判;並製;単行本;ソフトカバー。文獻あり;索引あり
抄録「仏様の教え」から「葬祭のマナー」まで、この1冊で、早わかり! 一般常識としての仏教を知る大人の教科書。日本人の生活に溶け込んでいる仏教の基本的な考え方や歴史、宗派の違い、仏像の見方から、お盆やお彼岸の意味、お葬式のしきたり、お焼香は何回がいいのか? といった実踐的な知識まで、あらゆる疑問に答える仏教の教科書!

目次
はじめに 10
1章  お釈迦様はどんな人?
釈迦族の王子として生まれる 18
裕福だが悩み深き半生 20
出家したきっかけ 22
多くの呼び名、それぞれの理由 24
悟りと初めての伝道 26
5人の弟子から大教団へ 28
80歳で迎えた最期 30
2章 お釈迦様の教えと修行
人生は「四苦八苦」がつきもの 34
四つの真理「四諦」 36
悟りを開く正しい道「八正道」 38
すべての物事には「縁起」がある 40
修行で身につける「三学」 42
三つの基本の教え「三法印」 44
仏教徒が目指す「三宝帰依」 46
生死を繰り返す「輪廻転生」 48
「煩悩」を絶ち、安らぎの「解脱」へ 50
「地獄」と「極楽」はどんな所か 52
極楽に行く「往生」とは 54
地獄に堕ちる人はどんな人 56

3章 仏教の発展と世界への広がり
拡大した釈迦の教団 60
釈迦滅入後の分派と成文化 62
バラモン教徒たちの改宗 64
インド統一 アショー力王の帰依 66
大乗仏教 誕生の流れ 68
大乗仏教と小乗仏教の違い 70
大乗仏教 基本となる「空」の教え 72
大乗仏教 六つの修行「六波羅蜜」 74
インドの分派‧密教 76
中国への伝道と道のり 78
中国南北朝時代の仏教 80
宗派が生まれた隋の時代 82
唐時代に黄金期を迎える 84
中国仏教の衰退と現在 86
ヨーロッパへの布教の壁 88

4章 日本への伝來の歴史
百済から日本にやってきた 92
飛鳥‧白鳳時代 聖徳太子の擁護政策 94
奈良時代 国家の保護のもと発展 96
平安時代① 最澄と空海の登場 98
平安時代② 密教から浄土信仰へ 100
鎌倉時代 多くの宗派が誕生 102
南北朝~安土桃山時代 通俗化と衰退 104
江戸時代 政治による保護と支配 106
明治~昭和初期 混乱と排斥から立ち上がる 108
戦後 国家の管理を離れ自由に 110

5章 日本のさまざまな仏教宗派
宗派はなぜ生まれたのか 114
200以上ある日本の宗派 116
『法華経』を根本とする<天台宗> 118
大日如来を本尊とする<真言宗> 120
念仏によって浄化を導く<浄土宗> 122
念仏による絶対他力を説く<真宗> 124
禅門答による修行<臨済宗> 126
座禅そのものが悟りの目的<曹洞宗> 128
題目を信じ実践する<日蓮宗> 130
怪しげな新興宗教に注意 132

6章 暮らしの中に生きる仏教
「ありがとう」「ごちそうさま」の心 136
じゃんけんの中にある教え 138
一般人にも親しめる座禅とヨーガ 140
修行の一つだった精進料理 142
仏の世界を表した茶道 144
供養から始まった香道の楽しみ方 146
お正月は仏教行事が目白押し 148
お盆とお中元は仏教の心 150
どこまで信じる仏教の迷信 152

7章 お寺と仏像の基礎知識
お寺には3つの分類がある 156
仏様には3つの分類がある 158
仏像に定められた仏の特徴 160
ポピュラーな仏像あれこれ
人気の高い<阿弥陀仏>大宇宙のあらわれ<大日如来> 162
病気の祈願に<薬師如来>みなに親しまれる<観音菩薩> 163
慈しみの象徴<弥勒菩薩>すべての人に救いを<地蔵菩薩> 164
にらみを効かせる<不動明王>怒りを表す姿<阿修羅> 165
仏像の手指のメッセージ 166
心身ともに正しい拝み方とは 168
「寺」と「院」は違うのか 170
境内にある7つの建物「七堂伽藍」 172
寺院は大きな「ご仏壇」 174
仏塔にもさまざまな意味がある 176

8章 葬祭・仏事のマナー
仏事の軽視は命の軽視 180
通夜と葬儀、どちらに行くべき? 182
香典の正式な渡し方 184
焼香と数珠の使い方を身につける 186
正しい合掌の仕方とは 188
急な弔問にかけつけるとき 190
通夜振る舞いの席では 192
どうしても葬儀に出られないとき 194
葬儀後の法要と出席のマナー 196
百か日以後の法要とスケジュール 198
日本人の心 お盆のお参り 200
お彼岸の供養は六波羅蜜の実践 202

索引 206
ISBN9784757217584
ヒット数1069
作成日2010.09.10
更新日期2010.09.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
372601

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ