サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
七十を過ぎてわかったこと -- 続々、三余居窓話
著者 西村恵信=Nishimura, Eshin
出版年月日2010.07
ページ269
出版者禅文化研究所
出版サイト http://www.zenbunka.or.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録人生、七十歳代になってやっと見えてくることがあるという。 本書は、第一線から退き、人生のゴールへ向かって、下降する放物線上をゆっくりと歩まれている方々に、きっと共感を生むエッセイ全二十七話。 季刊『禅文化』連載の三余居窓話を一冊にまとめたもの。『禅坊主の後ろ髪』に続き、二冊目を刊行。

目次
大いなる心
手紙と人生
我が事としての老い
灰皿との惜別
梵音の響き
人生、感あり
望郷の季節
ニワトリ人生
よみがえる時間
葉落ちて根に帰す
一休さんの三面鏡
あれから五十年
わが師の思い出
野の道を歩く
さらに似ぬこそ哀れなる
朗らかなる死
アメリカで気づいたこと
ブラフト神父との四十年
吊り橋を渡る
人間、この矛盾存在
先生を見た
懴悔ざんまい
深い河
アナログ人間の弁明
「文化力」ということ
わが郷愁の蒸気機関車
私の中の宗教
ISBN9784881822555
ヒット数202
作成日2011.01.17
更新日期2011.01.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
374061

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ