サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
新版古寺巡礼奈良.6 -- 室生寺
著者 河野裕子 ; 網代智等 ; 梅原猛=Umehara, Takeshi
出版年月日2010.09.22
ページ144
出版者淡交社
出版サイト http://www.tankosha.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録復興した国宝・五重塔と春のしゃくなげで知られる「女人高野」のお寺。 龍神と如意宝珠がやどる霊地・室生と仏教文化。 室生寺(むろうじ)は奈良県北東部、宇陀市室生山の中腹に建つ真言宗室生寺派の大本山です。 奈良時代末の創建以来、興福寺、天台・真言密教の影響を受けた後、江戸時代に真言宗の寺院となり、女性の信仰を受け入れたことから「女人高野」の名で知られています。 室生山を中心とした室生の里は、雨をもたらす龍神が住むという「龍穴」があり、室生山には「如意宝珠」というあらゆる願いをかなえる玉が頂上に宿るとされ、信仰されています。 平成10年の9月の台風による損傷から見事に復興を遂げた国宝の五重塔をはじめ、仏像・建築など多くの文化財を有し、また春のしゃくなげ、秋の紅葉や天然記念物のシダの群生など、自然にも恵まれています。 本書は、室生寺座主の網代智等師による「現代へのメッセージ」と歌人の河野裕子先生(平成22年8月逝去)による「巻頭エッセイ」ほか、室生寺の歴史や文化財の素晴らしさを多面的に紹介します。
ISBN9784473036360
ヒット数419
作成日2011.01.17
更新日期2011.01.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
374106

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ