サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
梁漱溟的佛教思想述評
著者 程恭讓
掲載誌 孔子研究=Confucius Studies
巻号n.2
出版年月日1998
ページ66 - 75,101
出版者中國孔子基金會
出版サイト http://www.chinakongzi.org/
出版地濟南, 中國 [Chinan, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード梁漱溟; 佛教思想; 形而上學; 佛教文化; 佛教觀; 似現量; 世間法; 印度文化; 中國文化; 活動路
抄録梁漱溟先生 (1893—1988 年) 是現代新儒學復興的根源性人物之一, 但是他的思想卻不單純是儒家思想。梁先生在倡導 “ 孔子的生活” 之前, 曾一度準備出家為僧。即使在 “ 歸宗儒家” 之後, 他心靈深處也從未放棄對佛教的信念。梁氏在佛、 儒之間的此種複雜學歷, 常常使得研究者迷惑:究竟應該把梁氏歸入新儒家還是新佛家? 本文以梁氏的佛教思想及佛學觀念作為正面觀察和解釋的對象, 分別從出世主義、 現量知識、 人類歷史三期文化、 儒釋異同之辨等幾個方面分析了梁氏佛教思想的特質。
目次一.出世主義的“佛學真相” 66
二.現量與本體 69
三.世界三期文化中的佛教文化 72
四.東方學術中的儒、釋異同之辯 74
ISSN10022627 (P); 10022627 (E)
ヒット数525
作成日2011.01.28
更新日期2019.10.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
374765

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ