サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Early Buddhist Theory of Man Perfected
著者 Horner, Isaline Blew
出版年月日2010.09.10
ページ328
出版者Kessinger Publishing, LLC
出版サイト http://www.kessinger.net/
出版地US [美國]
資料の種類書籍=Book
言語英文=English
抄録1936. From the dust jacket: The word and its meaning are inseparable. A word may appear simple, yet it may possess such potency that, though dormant for many centuries, it suddenly shakes off its slumber and changes the course of history. One such word is arhan. People used it, for ages from the dawn of the Vedic period to the advent of the Buddha, for naming a worthy or venerable person. The Sakyan sage used this word as a nucleus around which to weave his gospel that proclaimed to man that he was no longer a helpless victim of an inexorable destiny that tossed him up and down, as it pleased, in endless cycles of births and deaths, and put him on the path of enlightenment which could be his, if he so wished, here and now. This book, The Early Buddhist Theory of Man Perfected, by Isaline Blew Horner tells in a lucid style how the word came to have its sublime connotation which paved the way for arhanship to become for man a desirable, possible and attainable state in this very existence.
ISBN9781162774817 (pbk); 1162774819 (pbk)
ヒット数522
作成日2011.03.01
更新日期2011.03.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
375405

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ