サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
從榜樣到邊緣 -- “佛教範式”在中國宗教中的地位變遷=From Exemplar to Periphery: The Positional Change of Buddhist Paradigm in Chinese Religion History
著者 陳堅 (著)=Chen, Jian (au.)
掲載誌 世界宗教研究=Studies in World Religions
巻号n.1
出版年月日2005
ページ28 - 34+152
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者屬於猶太教與跨宗教研究中心
キーワード中國宗教=Chinesereligion; 佛教範式=Buddhist paradigm; 榜樣=example; 邊緣=edge
抄録從宗教範式而不是宗教勢力的角度看,外來的佛教在中國的發展經歷了一個其范式由榜樣到邊緣的過程。在中國古代宗教格局中,自從佛教在中國站穩腳跟後,“佛教範式”便成為各種宗教紛紛仿效的榜樣;但是,在鴉片戰爭後中國近現代宗教格局中,由於西方基督教的傳入和受“西方中心主義”的影響,“佛教範式”便被邊緣化了,而“基督教範式”則取而代之成為各種宗教紛紛仿效的榜樣。“佛教範式”在中國宗教史中的這一地位變遷折射出了中國社會所特有的沒有西方式宗教對立的“不排異”的宗教文化氛圍。
The foreign Buddhism have undergone a development in China of its religion paradigm from centre to edge. In the history of ancient Chinese religion, after Buddhism set its solid foundations, Buddhist paradigm had been imitated by other religious sects, while in the history of modern Chinese religion after the Opium War, Christianity paradigm superseded Buddhist paradigm to be exampled by other religion sects including Buddhism itself, in other words, Buddhist paradigm have been edged. It mirrore...
ISSN10004289 (P); 10004289 (E)
ヒット数208
作成日2011.03.04
更新日期2019.09.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
375572

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ