サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
印度觀音信仰的最初形態=The Original Form of the Belief in Avalokitesvara in India
著者 李利安 (著)=Li, Li-an (au.)
掲載誌 世界宗教研究=Studies in World Religions
巻号n.3
出版年月日2006
ページ16 - 24+157
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者屬於西北大學佛教研究所
キーワード觀音; 菩薩信仰; 大乘佛教
抄録觀音信仰的最初形態到底是什麼樣的?這個涉及觀音信仰起源的學術難題在整個國際和國內學術界還都沒有解決。本文認為,觀音信仰起源于自古相傳在印度大陸南端海上解救“黑風海難”和“羅刹鬼難”的寶馬信仰,而最初的觀音信仰形態正是建立在這種傳說基礎上的現世救難信仰,由此進一步發展才出現了觀音的淨土接引信仰、智慧解脫信仰等不同的信仰形態。

Abstract:
What appearance was the original form of the belief in Avalokitesvara? This academic difficult question which concerned the origin of the belief in Avalokitesvara is not yet solved within the whole international and domestic academic circle. This paper hold,the belief in Avalokitesvara originated from the belief in precious horse saving “black wind wreck”and “raksasa(man-eating Demon) disaster” on the sea of the south end of Indian continent transmitted since ancient times,while the original for...
ISSN10004289 (P); 10004289 (E)
ヒット数345
作成日2011.03.04
更新日期2019.09.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
375602

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ