サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 香光莊嚴雜誌 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
薄伽教藏-- 阿毘達磨的特色與起源
著者 菩提比丘‧雷瓦達達摩比丘 ; 香光書鄉香光莊嚴雜誌編輯組
掲載誌 香光莊嚴=Glorious Buddhism Magazine
巻号n.59
出版年月日1999.09.20
ページ80 - 95
出版者香光莊嚴雜誌社
出版サイト http://www.gayamagazine.org/
出版地嘉義縣, 臺灣 [Chia-i hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート多面觀音─中國的觀音信仰(上);教理:薄伽教藏
キーワード香光=Glorious
抄録「阿毘達磨」(Abhidhamma)指的是什麼呢?覺音(Buddhaghosa )論師解釋「阿毘達磨」的意思為「那超越、並與經教不同的」,abhi 有「優越」和「差別」的意思,dhamma 在此表示經藏的教義。   一般將佛教初期的聖典分為三藏—經藏、律藏、論藏(阿毘達磨藏)。律藏是佛陀為了建立僧伽生活的軌範,而制定了與法相應的學處(戒)與制度。經藏是佛陀在不同的情況,針對不同根機的聽眾所做的解說,它們是以能最有效地引導聽眾修持,並通達佛陀教法的方式來闡發。所以,佛陀運用了比喻與隱喻等隨機教化的方式,以便讓聽眾更容易了解教義。因此,經的教導方式被形容為「方便說法」。   阿毘達磨藏則企圖儘可能完全、直接地揭示構成經典解說基礎所倚賴的整個系統,它不考慮聽眾個人的傾向與認知能力,而以抽象、呆板的,完全沒有文學修飾與隨機教學的方式,揭示實際性的「知識體系論」。因此,阿毘達磨的方法被形容為「無方便說法」。
目次阿毘達磨 81
二種方法
阿毘達磨明顯的特色
阿毘達磨的起源
ISSN10275126 (P)
ヒット数445
作成日2013.03.13
更新日期2017.10.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
387105

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ