サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Buddhist Paleocompatibilism
著者 Siderits, Mark
掲載誌 Philosophy East and West
巻号v.63 n.1
出版年月日2013.01
ページ73 - 87
出版者University of Hawaii Press
出版サイト https://uhpress.hawaii.edu/
出版地Honolulu, HI, US [檀香山, 夏威夷州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートThe Author is from Department of Philosophy, Seoul National University (emeritus).
抄録Neo-compatibilists hold that the causal determination of our mental states is compatible with our being responsible for our actions, in that responsibility does not require that the cause of the action be wholly located in the agent. Incompatibilists find this unpersuasive. It is claimed here that in one way of formulating the Buddhist distinction between conventional truth and ultimate truth, compatibilists could accommodate the ostensibly libertarian notion of agent causation. The key to this development is that according to one conception of the two truths, the fact that one determines an action is not incompatible with every mental event being causally determined by prior events, since there are no semantic relations between conventionally true statements and ultimately true statements.
ISSN00318221 (P); 15291898 (E)
DOI10.1353/pew.2013.0005
ヒット数639
作成日2013.07.22
更新日期2019.05.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
390603

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ