サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Yung-ming's Syncretism of Pure land and Ch'an=永明的襌融合思想
著者 Shih, Heng-ching (著)=釋恆清 (au.)
掲載誌 Journal of the International Association of Buddhist Studies=JIABS
巻号v.10 n.1
出版年月日1987
ページ117 - 134
出版者Peeters Publishers
出版サイト http://www.peeters-leuven.be/
出版地Leuven, Belgium [魯汶, 比利時]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワード禪淨融合=Syncretism of pure land and Ch'an; 禪淨雙修; 永明教; 釋恆清; Yung-Ming; Pure land; Ch'an
抄録本篇論文旨在探討永明延壽禪師所主張的禪淨融合思想. 中國佛教自唐末以降,幾乎為禪宗和淨土宗的天下,而禪淨融合和雙修更匯成佛教主流. 此中國佛教的獨特現象,其形成背景,理論基礎,及對唐後佛教之影響,都是值得探討的重要問題. 雖唐末以前即有禪淨融攝思想的出現,其大力提倡而集大成者是唐末五代時的永明延壽禪師. 他在百卷的巨著「宗鏡錄」中,大談禪教的互攝,在「萬善同歸集」中,更細論禪淨雙修的必要. 永明的生平,思想,及造成他的思想之時代社會政治背景等等,皆為解禪淨融合的重點.

基於上述要點,但因篇幅所限,本論文集中在思想方面的探討. 第一部份討論永明教與禪的融攝. 永明將佛教判為相宗空宗和性宗. 當時教界重玄理之談,泯絕一切. 禪宗之徒墮空見演變成狂禪而執理迷事. 而一般講教者則執事迷理. 永明斥兩者皆墮偏見,而力倡理事無空有相成的禪教觀. 第二部份討論永明禪與淨雙修的論基礎. 他以唯心淨土做為禪定和念佛兩種不同形態修行法門的橋樑. 雖永明的會通思想,使禪宗和淨土宗多少失去其各自突出的特性,但他的主張卻很能契合中國傳統融通思想,故產生很大的影響.
ISSN0193600X (P); 25070347 (E)
ヒット数126
作成日2013.07.31
更新日期2017.08.31



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
391411

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ