サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
十六國北朝時期敦煌令狐氏與佛教關系探究=A study of LINGHU Clan of Dunhuang in Sixteen Kingdoms Period and the deep relationship with Buddhist Activities in Dunhuang
著者 孔令梅 (著) ; 杜斗城 (著)=Du, Dou-cheng (au.)
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.5 (總號=n.123)
出版年月日2010.10
ページ99 - 104
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート孔令梅為蘭州大學敦煌學研究所2008級博士研究生,杜鬥城為蘭州大學敦煌學研究所教授、博士生導師。
キーワード十六國北朝=Sixteen Kingdoms Period and Northern Dynasties; 敦煌=Dunhuang; 令狐氏=LINGHU Clan; 佛教=Buddhism
抄録令狐氏是敦煌大族之一,自漢代徙入敦煌后逐漸成為儒學經術世家。北涼滅西涼后,令狐氏開始為人抄寫佛經,接觸佛教,由以儒術傳家的傳統大族轉變為儒釋兼通的新型大族。北朝時期,令狐氏在官方佛教寫經中起著主導作用,且信仰佛教,與佛教的關系更加密切。這一切很好地反映了漢晉北朝時期敦煌大族與佛教的關系情況。

LINGHU clan was one of big celebrated family at Dunhuang and famous for their deep foundation knowledge of Confucian when they migrated to Dunhuang in the Han dynasty.When the Northern Liang eliminating the West Liang Dynasty,LINGHU clan began to join in activities of copying Buddhist Scripture and contacted Buddhism and began their transition from the traditional Confucianism family to a new type of family that grasping both Confucianism and Buddhism.During the long period of Northern Dynasties,LINGHU clan could reveal the famous big family along Hexi Corridor contact with Buddhism during the Han Dynasty to the Jin Dynasty until the Northern Dynasties.
目次一、北涼敦煌佛教與令狐氏文化角色的轉變 100
二、北魏敦煌鎮官寫經事業與敦煌令狐氏家族 101
三、東陽王元榮時代敦煌令狐氏的佛教信仰 103
四、結語 103

ISSN10004106 (P)
ヒット数325
作成日2013.08.14
更新日期2022.03.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
392728

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ