サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
邯鄲成安縣出土的北魏太和六年釋迦三尊像=Statues of the Northern Wei Sakyamuni Triad Unearthed from Cheng an County in Handan
著者 衣麗都 (著)=Lidu, YI (au.)
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.3 (總號=n.133)
出版年月日2012.06
ページ7 - 14 + 125 - 128
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為麥吉爾大學藝術系及東亞研究系
キーワード釋迦三尊像=Sakyamuni Triad; 無量壽佛=Amitayus Buddha; 彌勒下生=Maitreya s Rebirth Below; 帝釋天=Indra; Mahabrahma; 大梵天
抄録成安縣出土的北魏太和六年釋迦三尊像具有重要的學術價值。其造象樣式既表現出來自云岡石窟造像的影響,同時又展現了來自南朝秀骨清像的塑畫風格的影響。正面釋迦佛兩側的脅侍像,應認定為帝釋天和大梵天。其圖像來源與犍陀羅藝術有關,更直接的來源應是長安。釋迦三尊像背面的無量壽佛是目前所見北魏時期最早的造像實例,其所表現的凈土信仰應來源于長安佛教。

The Shakyamuni Buddha triad image,dated the 6th year of Taihe(482),which was unearthed in Cheng an County,Hebei Province,bears significant scholarly value.The style of the image attests to the influence of the Yungang Caves,and of the elegant and refined style from the South.The two attendants are identified as Indra(Sakradevanam) and Mahabrahman.The origin of the iconography is associated with Gandhara art,however,it is more closely linked to that of Chang an.The seated Buddha on the reverse side of the image is the earliest extant image of Amitayus Buddha of the Northern Wei (386- 534). The Pure Land belief reflected in the iconography originated from Buddhism in Chang'an.
ISSN10004106 (P)
研究種類文物維護
研究年代南北朝-北朝-北魏
研究地域河北(邯鄲)
ヒット数76
作成日2013.08.22
更新日期2022.03.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
393285

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ