サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Nāgārjuna's Critique of Language
著者 何建興 (著)=Ho, Chien-hsing (au.)
掲載誌 Asian Philosophy: An International Journal of the Philosophical Traditions of the East
巻号v.20 n.2
出版年月日2010.07
ページ159 - 174
出版者Routledge
出版サイト https://www.routledge.com/
出版地Abingdon, UK [阿賓登, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードBuddhism Doctrines=佛教教義
抄録This essay attempts to provide a systematic reconstruction of Nāgārjuna's philosophical thought by understanding it as a critique of the attachment to linguistic expressions and their referents. We first present an outline of Nāgārjuna's philosophy, centering on such notions as ‘dependent origination’, ‘emptiness’ and ‘self-nature’. Then we discuss Nāgārjuna's dismissal of a metaphysical use of language, particularly his contention that language can function well without assuming the reality of its referents. We also consider his statement that he has no assertion and explain his provisional use of language. Towards the end of the essay, we direct our attention to a paradoxical formula in a Buddhist sutra that should help in evaluating the contemporary significance of Nāgārjuna's linguistic critique.
ISSN09552367 (P); 14692961 (E)
ヒット数114
作成日2013.11.01
更新日期2022.09.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
395359

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ