サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「周孔何以不言」 : 中古佛教、道教對儒家知識世界的擴充與挑戰
著者 葛兆光 (著)=Ge, Zhao-guang (au.)
掲載誌 史學月刊=Journal of Historical Science
巻号n.1
出版年月日2011
ページ20 - 32
出版者河南人民出版社
出版地開封, 中國 [Kaifeng, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為復旦大學文史研究院教授
キーワード中古; 佛教=Buddhism; 道教=Daoism; 知識史; 思想史=history of thought
抄録 我們可以從知識史的角度,討論公元3世紀以後,佛教和道教如何使兩漢初步定型的中國知識、思想與信仰的世界發生變化。佛教帶來的異域新知識和道教復活的本土舊資源,使中古知識世界不能僅僅「在傳統內變」,也開始了「在傳統外變」。佛教和道教在外在世界、內在心靈、幽冥世界、社會人倫各方面,都擴充和挑戰了原來簡明而單純的儒家知識世界。然而,知識世界的變化會引發思想世界的衝突,這一衝突引起了中古儒家的焦慮和緊張,並在中唐以後,終於導致了儒家思想界的回應和反擊,給中國思想史帶來了巨大的轉型。
目次引言 在傳統之外變:中古佛教與道教新知識的刺激 20
一、從陳寅恪先生《崔浩與寇謙之》一文說起 21
二、唯一的中央之國還是四洲之一?佛教世界觀對走出中國中心論的影響 22
三、日中無影:中國與天竺究竟誰是天下之中? 24
四、十洲三島、化胡及道教想像中的天下 26
五、幽冥世界:道教的酆都與佛教的地獄 28
結語 周、孔不言與五經不載:來自異域的和來自邊緣的知識新世界 31
ISSN05830214 (P); 05830214 (E)
ヒット数245
作成日2013.11.27
更新日期2019.08.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
395476

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ