サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《楞伽經》中〈自內證智〉(pratyātmagati-)的構造=The structure of” pratyātmagati-”in Laṅkāvatāra-sūtra
著者 郭瓊瑤 (著)=Kuo, Chiung-yao (au.)
掲載誌 正觀雜誌=Satyabhisamaya: A Buddhist Studies Quarterly
巻号n.67
出版年月日2013.12.25
ページ5 - 60
出版者正觀雜誌社
出版サイト http://www.tt034.org.tw
出版地南投縣, 臺灣 [Nantou hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為南華大學外文系助理教授
キーワード楞伽經=Laṅkāvatāra-sūtra; 如來藏=Tathāgatagarbha; 自覺聖智; 自內證智; 自覺聖智境界; pratyātmagati; pratyātmagatigocara
抄録《楞伽經》是一部眾多佛教法義的集成,舉凡空義、唯識、如來藏全都羅致本經當中。儘管這些教義確實有其差異甚至相違之處,但《楞伽經》仍將之視為一致。這些不同的教義憑什麼可得而為同?本經通常不見論證,而是以「自內證智」或「自內證智境界」等獨創的詞語群試圖融貫彼此為同義。而所謂「主觀」的「自內證智」與所謂「客觀」的「自內證智境界」在《楞伽經》中,其實是一如、無別的,皆「唯自心所現」(cittamātra,svacittadṛśya等)。這樣的旨趣也可以從梵語的構造中發現。因為這些獨創的詞語群都以pratyātmagati-為基礎,再加上不同字彙所形成的複合語詞。透過對這些詞語群的用例分析,可以發現在pratyātmagati-之後,如果接-gocara、-viṣaya、-gatigamya、-vedya、-dharma、bhūmi等,則表示「客觀之境界」。另一方面,如果接-gati、-adhigama、或-adhigamana,則「主觀之智慧」或「客觀之境界」的表示都有可能。

目次一、序論 8
(一)《楞伽經》與自內證智(pratyātmagati-)或自內證智境界(pratyātmagati-gocara)
(二)本文所據《楞伽經》梵本、漢譯本及其他重要工具書
二、自內證智(pratyātmagati-)或自內證智境界(pratyātmagati-gocara)的詞意分析 12
(一)pratyātma的後半部為-gati、-adhigama、或-adhigamana
(二)pratyātma的後半部為-gocara、-viṣaya、-gatigamya、-adhigamya、-vedya、-dharma、bhūmi
三、結論 47
ISSN16099575 (P)
ヒット数591
作成日2014.01.15
更新日期2017.09.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
395589

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ