サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
探究《無量壽經》的人間性思想
著者 釋慧嚴
掲載誌 人間淨土與現代社會:第三屆中華國際佛學會議中文論文集
出版年月日1998.11.15
出版者法鼓文化出版社=Dharma Drum Culture
出版サイト http://www.ddc.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート作者為中華佛學研究所副研究員。
キーワード人間性; 三十一位聲聞僧; 依報莊嚴; 三輩往生; 三毒五惡
抄録 《無量壽經》是彌陀淨土三經之一,在譯經史上有所謂五存七欠之說,今欲探討的《無量壽經》人間性思想,是依曹魏康僧鎧的譯本。
筆者將就此譯本中的聽眾,即三十一位具代表性的聲聞僧、法藏比丘的發願、淨佛國土的過程、極樂淨土的依報莊嚴,如行樹、池塘、樓閣、宮殿來探討極樂淨土眾生的生活環境及社會秩序,而此社會秩序的建立,在我們現實生活的社會秩序,具有那些啟發性的意義,還有其生活環境與吾人生活的現實環境有何關連?我們可作何連想?其次再進一步探討極樂淨土的眾生,聽聞阿彌陀佛說法的情景,其說法所具有的教育機能是如何?在我們現實的佛教教育來說,可否有參考之處?又為何有三輩往生?三毒五惡所反應的人性又是如何?以上是拙文所要探討的,藉此探討,來思考如何將彌陀淨土的思想落實在現實的環境,也就是供給建立人間淨土理想的參考。

目次
一、序言
二、《無量壽經》的內容
三、平等博大的思想
(一)聽眾身份的表徵性
(二)法藏比丘的發願與修行
四、整潔清淨的景觀
五、平等主義與事實環境 -- 三輩往生
六、自業自得的因果教義 -- 三毒五惡的勸誡
七、結論
ISBN9578473869
ヒット数146
作成日2014.01.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
395597

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ