サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
吐蕃占領前的敦煌歷法行用問題=Application of Dunhuang Calendar Prior to Tibetan Occupation
著者 鄧文寬 (著)
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.3 (總號=n.139)
出版年月日2013.06
ページ144 - 152
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:首都師范大學歷史學院。
キーワード吐蕃=Tibet; 敦煌=Dunhuang; 歷日=Calendar
抄録公維章博士著文認為,吐蕃占領敦煌前,敦煌地區就已自編歷日產行用之。本文依據大量敦煌文獻題記和石刻資料加以討論,認為吐蕃占領前敦煌行用的仍是唐王朝的官頒歷日。就研究方法來說,應該依據出土資料不斷修訂和完善后人所編的歷表,而不可將后人的歷表當作檢驗出土文獻紀年資料正確與否的唯一標準。文末附有臺灣清華大學教授、中研院院士黃一農先生所編的唐《麟德歷》表,可供參考。

According to Dr. Gong Weizhang, a locally developed calendar had been put into use in the Dunhuang region prior to the Tibetan Occupation. On the basis of a lot of signatures on Dunhuang documents as well as inscriptions, this paper argues that the calendar used at Dunhuang prior to the Tibetan Occupation was still the one issued by the Tang court. As far as the research methodology is concerned, we should gradually revise and improve the calendars made in later times according to unearthed materials rather than using these calendars as the only standard to justify the unearthed dated materials. A table of the Linde Calendar of the Tang dynasty edited by Huang Yinong, professor at Tsinghua University in Tanwan and academician of Academia Sinica, is at the end of the book for reference.
目次一、唐前期吐魯番地區行用的是唐王朝曆法 145
二、吐蕃佔領前敦煌曆法行用實況 145
三、黃一農對《麟德曆》“朔差一日”的解釋 148
四、檢查歷史年月日記載是否正確的標準問題 149

ISSN10004106 (P)
研究種類歷史
研究年代唐代
研究地域甘肅
ヒット数190
作成日2014.03.27
更新日期2022.03.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
395760

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ