サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《東晉求法高僧法顯和<佛國記>》述評
著者 紀華傳
掲載誌 佛學研究=Buddhist Studies=Journal of Buddhist Studies
巻号n.20
出版年月日2011
ページ64 - 66
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article; 書評=Book Review
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中國社會科學院世界宗教研究所。
抄録法顯是中國歷史上著名的求法高僧,為從印度求取完備的戒律,使其流通漢地,不惜身命,以花甲之年從長安出發,前后15年,歷經近30國,攜帶大量經律返回中土。在他之前,三國末魏國的朱士行曾西行求法,然只到達西域,并且自己未歸,而派弟子將尋得的梵本《放光般若經》送回漢地。所以法顯是西行求法的"創辟荒途"者,是有記載的最早到達印度本土并且攜帶佛經回歸的僧人,在中國佛教史和中外文化交流史......
ヒット数233
作成日2014.06.30
更新日期2018.05.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
396140

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ