サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
武則天的佛緣
著者 王志平 (著)=Wang, Zhi-ping (au.) ; 吳敏霞 (著)=Wu, Min-xia (au.)
出版年月日1900.01.01
ページ310
出版者三秦出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード武則天; 佛教; 佛緣; 時代; 不同階段; 小雁塔; 白馬寺; 法門寺; 楊氏; 社會風尚
抄録王志平、吳敏霞著,三秦出版社,20005年8月,240千字,312頁。女皇武則天,一生與佛教有著無限的機緣。其少女時代因受母親楊氏的影響,即對佛教產生了深深的敬仰與尊敬。從傳說中的“捧沙獻佛”到感業寺削髮為尼,從成為女皇後廣招高僧大德、翻譯佛經,到重修白馬寺、龍門造佛像、修建小雁塔、法門寺迎佛骨……無不與佛事有關。佛教在武則天時代也達到了鼎盛。可以說,沒有佛教就沒有武則天的一切,是佛慰藉了武則天一度空寂的心靈,也是佛教成就了武則天人生的燦爛輝煌。本書人生的不同階段再現了武則天與佛教非比尋常的因緣,通過本書,讀者可對武則天以及唐代的社會風尚及民眾的信仰有一個基本的瞭解。
ISBN9787806289488
ヒット数353
作成日2014.07.28
更新日期2015.06.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
396773

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ