サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Buddhism and the Study of Philosophical Approaches to Economics
著者 Lancaster, Lewis R.
掲載誌 Hsi Lai Journal of Humanistic Buddhism=西來人間佛教學報
巻号v.7
出版年月日2006
ページ41 - 49
出版者International Academy of Buddhism, University of the West
出版サイト http://www.uwest.edu/site/
出版地Rosemead, CA, US [柔似蜜, 加利福尼亞州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録The study of economic theory has undergone major shifts during the last century. Current theories are complex and range from ways of using monetary policies to questions of the welfare of society in terms of government interventions. Applying Buddhist philosophical concepts to those of Economists adds a further layer of difficulty to any discourse. At one level, the question is whether dhamma/dharma, in the sense of rules and regulations for society, has a place in the study of economics. Such inquiry leads to a further exploration of how to determine the contemporary definition for such dhamma/dharma. One of the major concerns for Buddhists will be the question of the role of compassion and concern toward others as a viable part of economic strategy. In this respect, the suggestions of Charles Peirce that logicality presupposes the ethics of self-sacrifice can help to frame the inquiry.
ISSN15304108 (P)
ヒット数160
作成日2014.08.01
更新日期2020.04.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
396975

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ