サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪武雙修 懸壺濟世 ── 嵩山少林寺側記
著者 張華 (著)=Chang, Hua (au.) ; 朱宇杰
掲載誌 中國宗教=Religions in China 
巻号n.1
出版年月日2009
ページ64 - 66
出版者中國宗教雜誌社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード少林寺; 少林功夫; 林藥; 醫療隊; 禪宗; 文化符號; 嵩山; 災區; 雙重身份; 古剎
抄録幽幽古刹,巍巍少林。印象中,斑駁的塔林、雄偉的山門、身懷絕技的老衲便是它的全部。「拳以寺名,寺以拳顯」,在影視傳媒飛速發展的今天,少林已然成了一個謎一般的文化符號,天下武功出少林和禪宗祖庭的雙重身份讓它在真實中又飽含神秘。清晨,當第一縷陽光照進這座千年古刹,雄渾的鐘聲喚醒沉睡枝頭的小鳥,早課的僧人踏碎林中的寂靜,《牧羊曲》的歌聲在耳畔迴旋。晨曦籠罩下的嵩山真實而朦朧,古老的少林寺在朝霞中揭開它神秘的面紗……
目次一、功夫聖地與禪宗祖庭 64
二、少林藥局 -- 奔走災區的僧人醫療隊 65
三、慈幼院、歡喜地 66
ISSN10067558 (P)
ヒット数111
作成日2014.09.02
更新日期2019.09.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
397743

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ