サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「禪教合一」發展的必然產物
著者 左志南 ; 李嶷
掲載誌 中國宗教=Religions in China 
巻号n.4
出版年月日2010
ページ45 - 47
出版者中國宗教雜誌社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位為四川大學文學與新聞學院。
キーワード涅槃妙心; 華嚴經; 宗密; 教外; 佛教宗派; 融通; 永明延壽; 華嚴禪; 禪教; 華嚴宗; 實相無相; 中國佛教
抄録 禪宗與其他佛教宗派相比,最大的特點是「涅槃妙心,實相無相,微妙法門,不立文字,教外別傳」。自中唐以來,中國佛教諸宗互相詰難和論爭的中心問題之一,就是禪與教的關係。教家以理論、法義為重,實踐為次,主要有華嚴、天台、法相、三論諸宗。禪家則注重實踐悟證,標頓悟為幟,主張直指心源,以探究闡發理論為輕,主要有菏澤、洪州、牛頭等禪派。如何融通佛教諸宗理論、調和爭訟,就成為佛教發展一個不可迴避的問題。
目次一、禪教合一的濫觴 -- 圭峰宗密 45
二、禪教合一的重提 -- 永明延壽 46
三、「文字禪」的提出及其實質 47
ISSN10067558 (P)
ヒット数160
作成日2014.10.06
更新日期2019.09.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
398197

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ