サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國漢傳佛教素食傳統形成的原因
著者 曹文斌 ; 陳升磊 ; 李嶷
掲載誌 中國宗教=Religions in China 
巻号n.7
出版年月日2010
ページ47 - 49
出版者中國宗教雜誌社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位為遵義師範學院政治經濟系;聊城大學黨委宣傳部。
キーワード漢傳佛教; 佛教傳入; 僧團; 菩薩戒; 僧伽; 楞伽經; 大般涅槃經; 釋氏源流
抄録 在佛教傳入中國之前,印度有戒殺的傳統。不過,佛陀雖然強調不殺生,但對於素食並沒有嚴格的要求。佛教在印度流傳的初期,也並沒有禁斷肉食的要求。可以說,素食是中國漢傳佛教的特色。中國漢傳佛教素食傳統的形成,是由佛教經籍的內在要求和當時復雜的社會歷史條件所決定的。
ISSN10067558 (P)
ヒット数400
作成日2014.10.13
更新日期2019.09.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
399315

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ