サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
正念減壓的根源與作用機轉:一個佛教學的觀點=The Origins and Mechanisms of Mindfulness-Based Stress Reduction: From A Perspective of Buddhist Studies
著者 溫宗堃 (著)=Wen, Tzung-kuen (au.)
掲載誌 新世紀宗教研究=New Century Religious Study
巻号v.12 n.2
出版年月日2013.12
ページ27 - 48
出版者世界宗教博物館發展基金會附設出版社
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為法鼓佛教學院專任助理教授。
キーワード正念減壓=MBSR; 正念=mindfulness; 內觀=vipassanā; 上座部=Theravāda; 禪宗=Zen
抄録 此文探討當今流行於西方的正念減壓(MBSR)課程之佛法源頭,和其所以能夠促進人類身心健康的作用機轉。文章首先指出正念減壓的歷史源流。接著,具體描述正念減壓所教授的正念練習的兩個構成要素:上座部佛教的「內觀」和東亞大乘佛教的「禪」。文章的最後則依據上座部阿毘達磨的理論架構,闡述正念減壓之所以能夠有效促進身心健康、改善身心疾患的作用機轉。

This article aims to investigate the Buddhist origins of Mindfulness-based Stress Reduction (MBSR) currently prevalent in the West, and the mechanisms through which MBSR contributes to mental and physical health of human beings. It first discusses the historical origins of MBSR. Then it explores in detail the two major elements which constitute mindfulness practices as taught in MBSR, that is, the teaching of "insight meditation" (vipassanā) in Theravāda Buddhism and the teaching of "Zen/Chan meditation" in East Asian Buddhism. Toward the end of this article, it examines, from the perspective of Thearvādin Abhidhamma, the mechanisms through which MBSR improve effectively human health and heal mental and physical disorders.
目次壹、前言 29
貳、正念減壓的佛教根源 31
參、正念減壓的內觀元素 35
肆、正念減壓的禪元素 37
伍、正念促進心理健康的機制 40
陸、正念促進生理健康的機制 43
柒、結論 44
ISSN16843738 (P)
ヒット数303
作成日2014.11.17
更新日期2020.01.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
539281

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ