サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Causation, ‘Humean' Causation and Emptiness
著者 Siderits, Mark
掲載誌 Journal of Indian Philosophy
巻号v.42 n.4
出版年月日2014.09
ページ433 - 449
出版者Springer
出版サイト http://www.springer.com/gp/
出版地Berlin, Germany [柏林, 德國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートM. Siderits (&)
Seoul National University, Seoul, South Korea
e-mail: msideri@ilstu.edu
キーワードCausation; Emptiness; Madhyamaka; Humean; Intrinsic nature
抄録One strategy Mādhyamikas use to support their claim that nothing has intrinsic nature (svabhāva) is to argue that things with intrinsic nature could not enter into causal relations. But it is not clear that there is a good Madhyamaka argument against ultimate causation that understands causation in ‘Humean’ terms and understands dharmas as tropes. After exploring the rationale behind the intrinsic-nature criterion of dharma-hood, I survey the arguments Mādhyamikas actually give for their claim that anything dependently originated must be devoid of intrinsic nature, and suggest that none actually succeeds in ruling out this hypothesis about how ultimate causation might work.
目次Sources of the svabhāva Criterion
Vaibhāṣika Eternalism and Vasubandhu’s Presentist Response
Madhyamaka Arguments Against Causation at the Ultimate Level
Abbreviations and References
ISSN00221791 (P); 15730395 (E)
ヒット数235
作成日2014.12.31
更新日期2019.07.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
539832

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ