サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
西藏佛教之「決斷法」初探=Primary Study on the gCod yul Teachings of Tibetan Buddhism
著者 梅靜軒 (著)=Mei, Ching Hsuan (au.)
掲載誌 正觀雜誌=Satyabhisamaya: A Buddhist Studies Quarterly
巻号n.72
出版年月日2015.03.25
ページ91 - 133
出版者正觀雜誌社
出版サイト http://www.tt034.org.tw
出版地南投縣, 臺灣 [Nantou hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為法鼓文理學院助理教授
キーワード施身供養=Body-offering; 布施=dāna; 瑪紀拉准=Ma gcig Lab sgron; 斷境; 決斷=gCod yul,; 魔障=demonic obstacles
抄録筆者從奪舍遷識的敘事中注意到西藏施身法這個修行傳統。གཅོད 的字義為斷除、決斷;所要斷除的境(ཡུལ)指的是由我執產生的各類煩惱心魔。此法一般稱為施身法,其訓練重點之一在斷除眾生對身體以及「我」的貪愛執著。本文中筆者將不採用一般俗稱的施身法,但同時取其發音與意義,以「決斷法」一詞來稱呼。11-12世紀中西藏女性上師瑪紀拉准 (མ་གཅིག་ལབ་སྒྲོན) 所傳下的「決斷法」乃希解派教法中的一個重要分支。「決斷法」以密續的修法來實踐《般若經》的要義,其中分析所謂的魔障之種類與其真實面貌,並且論及有關消除魔障的方法。其訓練重點在於以般若空慧斷除修行者對身體以及「我」的貪愛執著。本文是筆者針對「施身」的主題所進行的系列研究之一。除了回顧「決斷法」現有的研究文獻與相關出版品之外,也將整理歸納西藏佛教的「決斷法」歷史傳承,並介紹其修法內容與架構。其旨在提供讀者對「決斷法」所牽涉的思想與所運用的修法能有基礎的認識。
目次一、前言 93
二、文獻回顧 95
三、「決斷法」歷史源流與教法 103
(一) 「決斷法」源流
(二) 「決斷法」內容
四、結語 122
ISSN16099575 (P)
ヒット数125
作成日2015.05.27
更新日期2017.09.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
543294

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ