サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
雙峰山上的一場論道:《先德集于雙峰山塔各談玄理十二》錄文及研究=A Buddhist Debate on the Shuangfeng Mountain: The Texts of The Buddhist Theories Posed by Twelve Buddhist Masters on the Shuangfeng Mountain and Research
著者 韓傳強 (著)=Han, Chuan-qiang (au.) ; 劉麗
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.6 (總號=n.148)
出版年月日2014.12
ページ97 - 101
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート韓傳強為滁州學院副教授,主要從事中國禪學研究,劉麗為滁州城市職業學院講師,主要從事倫理學研究。
キーワード《先德集于雙峰山塔各談玄理十二》=The Buddhist Theories Posed by Twelve Buddhist Masters on the Shuangfeng Mountain; 文獻錄校=corrections and records; 歸屬判釋=identification; 內容詮釋=interpretation
抄録《先德集于雙峰山塔各談玄理十二》是敦煌寫卷P.3559/P.3664上所抄寫的一份較為簡短的文獻,它位于《傳法寶紀并序》之后、《稠禪師意》之前,全文共8行,有效字數總計175字。本文在文獻錄校的基礎上,對它的歸屬進行了判釋,對它的內容進行了解讀。

The Buddhist Theories Posed by Twelve Buddhist Masters on the Shuangfeng Mountain is a short text recorded between The History of Zen and Zen Masters and The Dhyana Methods of Seng Chou on P.3559/P.3664.It contains eight lines,totaling 175 words.This paper corrects and records the texts,identifies its affiliations,and interprets the texts.
目次一、文獻錄校 92
二、歸屬判定 93
三、內容詮釋 95
ISSN10004106 (P)
ヒット数311
作成日2015.06.01
更新日期2018.05.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
543342

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ