サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Jayarāśi’s Delightful Destruction of Epistemology
著者 Mills, Ethan
掲載誌 Philosophy East and West
巻号v.65 n.2
出版年月日2015.04
ページ498 - 541
出版者University of Hawaii Press
出版サイト https://uhpress.hawaii.edu/
出版地Honolulu, HI, US [檀香山, 夏威夷州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録It is argued here that Jayarāśi Bhaṭṭa (ca. 770–830 c.e .) is both a Cārvāka and a skeptic, although he is a skeptic about epistemology rather than a skeptic about the external world or a global skeptic about knowledge. After remarks on the Cārvākas and Indian skepticism, Jayarāśi’s arguments against Dignāga and Dharmakīrti are considered. Jayarāśi tries to demonstrate that in the context of epistemology, epistemology self-destructs, while in the context of everyday life there is no need for epistemology. Lastly, how Jayarāśi’s skepticism serves his Cārvāka sympathies is considered.
ISSN00318221 (P); 15291898 (E)
DOI10.1353/pew.2015.0049
ヒット数379
作成日2015.08.31
更新日期2019.05.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
545735

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ