サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
印順《中國禪宗史》總體評價=The Overall Assessment of Yinshun’s Chinese Zen history
著者 米進忠 (著)=Mi, Jin-Zhong (au.)
掲載誌 正觀雜誌=Satyabhisamaya: A Buddhist Studies Quarterly
巻号n.74
出版年月日2015.09.25
ページ107 - 154
出版者正觀雜誌社
出版サイト http://www.tt034.org.tw
出版地南投縣, 臺灣 [Nantou hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為東南大學人文學院
キーワード印順=Yinshun; 《中國禪宗史》=Chinese Zen history; 總體評價=the overall assessment
抄録 本文主要對印順法師《中國禪宗史》產生的影響及存在的不足進行總體評價。第一部分主要分析本書在禪史研究中的地位和影響。本文將其定位為近現代中國禪史研究的第一部專著,對後起學者如楊惠南、葛兆光、洪修平、麻天祥等產生了不可忽視的影響。第二部分主要分析本書存在的問題與不足。本文認為《中國禪宗史》存在著一些不足之處,主要包括對禪宗發展的歷史背景交代不夠、對三祖僧璨的交代不清、對淨眾宗無相的禪法論述有誤。

This paper is about the overall assessment of Yinshun’s Chinese Zen history, including its great influence and its flaw. The first part of this paper mainly analyses its status and influence in the research of Chinese Zen history. The second part mainly analyses its flaw.
目次一、該書在禪史研究中的地位和影響 108
1.該書在禪史研究中的地位 108
2.該書在禪史研究中的影響 112
二、該書存在的問題與不足 126
1.對禪宗發展的歷史背景交代不夠 126
2.對三祖僧璨的交代不夠清晰 136
3.關於淨眾宗無相的禪法論述有誤 143
三、結語 149
參考文獻 150
ISSN16099575 (P)
ヒット数53
作成日2015.10.16
更新日期2017.09.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
546642

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ