サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
天台的圓頓教觀與生活的中道實踐=The "Yuandun jiaoguan" of Tiantai-Buddhism and the "Middle-Way-Practice" in Daily-Life
著者 尤惠貞 (著)=You, Huey-jen (au.)
掲載誌 華梵人文學報=Huafan Journal of Humanities
巻号天台學專刊
出版年月日2013.05
ページ255 - 279
出版者華梵大學文學院
出版サイト http://cola.hfu.edu.tw/epaper/super_pages.php?ID=epaper1
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード天台宗=Tiantai Buddhism; 智顗=Zhiyi; 圓頓教觀=Yuandun jiaoguan; 中道實踐=practice of the middle way; 一念三千=three thousand worlds in one thought; 一心三觀=one mind and three aspects of knowledge
抄録本文嘗試立基于天台圓頓教觀之理解與詮釋,更進一步省思生活中具體實踐天台教觀之可能途徑為何?所可能達至之效能如何?本文論述之方式與進路,由生活的中道實踐之義理依據切入,綜述天台圓頓教觀之義涵;其次,則是面對圓頓教觀之生活實踐場域,亦即立基于對天台教觀之義理的理解與掌握,進而對應生活中的諸多情境省思圓頓教觀具體落實之可能。再者,由如此的論述與探究,更進而藉由歷緣對境中道實踐之實作規畫與實例論析,希冀能具體地彰顯圓頓教觀與中道實踐相即不二之圓教特質與精神。
In this paper, I try to discuss and examine the potential and possibility of our practicing the ”perfect teaching” in daily life according to the views of Chinese Tiantai-Buddhism (”Yuandun jiaoguan”). The approach used in this paper addresses the fundamental doctrine of the ”middle way” practices in our daily life, to highlight the sense of the ”perfect teaching” in Tiantai-Buddhism. I will discuss the possible application of Tiantai-practices in concrete daily live situations, highlighting the practical sense of the ”middle way” as the essential of the Tiantai-teaching.
目次壹、本文關懷的議題與論述之進路 256
貳、生活中道實踐之圓頓教觀依據 258
參、圓頓教觀中道實踐的生活場域 263
肆、歷緣對境中道實踐之實作規畫 268
伍、圓頓教觀與中道實踐相即不二 274
ISSN18124305 (P)
ヒット数70
作成日2015.12.31
更新日期2019.08.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
549114

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ