サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
虚空と天主 : 中国・明末仏教のキリスト教批判=The Buddhist Critique of Christianity in the Ming Dynasty
著者 西村玲 (著)=Nishimura, Ryo (au.)
掲載誌 宗教研究=Journal of Religious Studies=シュウキョウ ケンキュウ
巻号v.84 n.3 (總號=n.366)
出版年月日2010.12.30
ページ25 - 45
出版者日本宗教学会
出版サイト http://jpars.org/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート西村玲((財)東方研究会研究員)
キーワード中国; 明末; 仏教; キリスト教; マテオ・リッチ; 雲棲袾宏; 費隠通容; 円悟; 天主実義; 大道; 天主批判; 無始無終
抄録中国におけるキリスト教布教は、イエズス会によって十六世紀末に始まった。十七世紀初頭に出版されたマテオ・リッチの教理書『天主実義』において、天主は無始無終の存在であり、万物の根源とされた。これに対して、明末高僧の雲棲袾宏は、天主は万億の神々の一人に過ぎず、抽象的な理でしかない、と批判した。次世代にあたる臨済禅僧の密雲円悟は、自己内心の普遍性である大道を主張し、弟子の費隠通容は大道の世界観を論じる。通容は、大道は虚空のように万物を包含すると同時に内在しており、悟りの有無にかかわらず天地と自己は本来的に一体であるとした。袾宏から通容までの天主批判は、仏者が異質な教えであるキリスト教に出会うことによって、仏教にとっての普遍性と世界観を自覚し、表現していった過程とみることができる。それは唯一絶対の他者である天主を踏切板として、遍在する虚空の大道が普遍として定義され、天主に対置されていく思想的道筋であった。

This paper discusses the disputes between Buddhists and Christians in the Ming Dynasty, China. Specifically, it examines the ways in which Buddhists responded to the Christian concept of monotheism. In the seventeenth century, Matteo Ricci (1552-1610), the Jesuit missionary, in his doctrinal treatise Tianzhu shiyi (The meaning of "God"), defined Tianzhu (God) as the existence of the universal and the creator of all things. In response, Yunqi Zhuhong (1535-1615) argued that Tianzhu means only one of myriad gods in the universe, moreover, it was just the abstract principle which never changes any real things. Secondly, Miyun Yuanwu (1566-1642) argued the internal truth of "the Great Way" (Dadao) in all phenomena as a representative of the Chan monks of the Linji school. Thirdly, Feiyin Tongrong (1593-1662) further discussed their view of the world depending on Dadao. He thought that Dadao bears a close resemblance to empty space in that it contains and penetrates all things, and the human-self is originally integrated with the universe whether or not one attains Buddhahood. Their critiques showed the process by which Buddhists became conscious of their original universality through their encounter with the religion of Christianity.
目次[Table of Contents]

一、はじめに 25
二、『天主実義』における天主 28
三、天主の相対化 30
四、無始無終とはなにか 34
五、虚空-遍在する大道- 37
おわりに 40
注 42
ISSN03873293 (P)
ヒット数60
作成日2016.03.17
更新日期2019.08.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
549928

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ