サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教的神通觀 — 以虛雲法師為例
著者 陳平 ; 宣方
掲載誌 佛教文化=The Culture of Buddhism=Buddhist Culture
巻号n.1
出版年月日2010
ページ41 - 49
出版者中國佛教文化研究所
出版サイト https://www.chinabuddhism.com.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード佛教史; 涌泉寺; 世事無常; 持戒; 禪定; 僧團; 禪觀; 修行道地經; 空性; 提婆達多
抄録在中國近現代佛教史上,虛云法師是一位極富傳奇色彩的高僧。『坐閱五帝四朝,不覺桑滄幾度;受盡九磨十難,了知世事無常。』虛云自撰的這副聯語正是他一生的真實寫照。法師生于1840年(道光二十年),自幼不喜葷惺,喜讀佛書。19歲(咸豐八年)拋家別妻落髮於福州鼓山涌泉寺。法師一心向道,志篤行堅,遍訪名山大剎,研習經教。為報父母養育之恩,曾從普陀跪拜朝禮五台,一步一叩,歷時三年。又遠赴印度、南洋,跋涉萬里,遍禮聖跡。1895年(光緒二十年),在揚州高旻寺禪七期間,勇猛精進,因茶杯落地,一聲破碎,而使疑根頓斷,悟透禪關。此後數十年間,以至大至剛的勇氣和艱苦卓絕的行解,一身兼祧五宗法脈,重振禪門,先後中興了雞足山祝聖寺、昆明雲棲寺、鼓山湧泉寺、韶關南華寺、雲門大覺寺、雲居真如寺等等六大古剎,成為名震中外、人所共仰的禪宗泰斗、一代高僧。
目次一、佛教的神通及其產生條件 42
二、佛教對於神通的性質、功能及其有限性的認識 43
三、佛教對於修習和運用神通的限制 43
四、從中印佛教史看佛教對於神通的看法 44
五、如何看待虛雲法師的神異事蹟 45
六、代結語:我們今天應該怎樣認識和看待神通 46
ISSN10042881 (P)
ヒット数345
作成日2016.02.24
更新日期2018.11.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
550360

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ