サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
從清規中看禪寺吃茶的意義與作用
著者 釋戒毓
掲載誌 佛教文化=The Culture of Buddhism
巻号n.1
出版年月日2010
ページ109 - 115
出版者佛教文化期刊社
出版サイト http://www.buddhism.com.cn/fjwh/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード色身; 人間佛教; 第一義諦; 世俗諦; 僧團; 禪七; 二諦; 印度佛教; 中國佛教; 精神享受
抄録講禪和茶,是現在人的時尚,一種高級的精神享受。人們談到茶就會聯想到禪,談到禪就會聯想到茶,禪和茶室緊緊的聯繫到一起。『茶』和『禪』的相結合,茶已經不是簡簡單單的茶,而是賦予禪的精神,把茶提升到文化上,精神層面上,使茶更具有魅力。『禪』和『茶』結合在一起,以為非常高深的『禪』,在日常生活中也可以體會得到,感受得到,就在我們的生活當下。因此,我們耳熟能詳的『禪茶一味』到處可以聽到,不是佛教剛傳入中國就有的,也不是其它語系的佛教能創新的。這一過程的發展是非常的漫長的,其實它是我們對印度佛教思想理論的理解、吸收和消化,是特色的中國佛教的縮影,也是了解佛教中國化的最好契入點。中國佛教,他的精神是沒有離開佛教的本義,在固有的佛教精神基礎之上,結合中國本土文化,開出美麗的花朵。猶如聖潔的蓮花,在中華文化圈中怒放。
目次一、從戒律到清規 110
二、清規中看茶寺院中的功用 111
三、茶禪不二 113
四、結語 115
ISSN10042881 (P); 10042881 (E)
ヒット数33
作成日2016.02.25
更新日期2018.11.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
550370

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ