サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
『清磬幾僧鄰』-- 佛教唄器『磬』的故事
著者 白化文 ; 成衛國
掲載誌 佛教文化=The Culture of Buddhism
巻号n.2
出版年月日2012
ページ124 - 125
出版者佛教文化期刊社
出版サイト http://www.buddhism.com.cn/fjwh/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード佛教; 《題破山寺後禪院》; 故事; 唐代詩人; 聯想; 《金瓶梅》; 僧人; 人時
抄録磬在古詩中時能見到,『清磬幾僧鄰』即引用自唐代詩人姚合的《過欽上人院》。這句詩說明了『磬』和僧人的密切關系:僧人時時在敲磬,以至於一聽見磬聲,就聯想到僧人,聯想到僧人誦經。現代的寺院中,磬也是主要的法器之一。『鐘磬』並舉以概括佛教的唄器,自古依然如此。還是舉唐代詩人常建《題破山寺後禪院》中名句以證之:『萬籟此都寂,但余鐘磬音。』《金瓶梅》第五十一回中,用“『典了磬』和『典了鐘』來說明僧人窮到極點,真是入木三分。眾所周知,『相如渴甚兼貧甚,只典征裘不典琴!』做看家本領用的寶貝是不能離手的呀!
ISSN10042881 (P); 10042881 (E)
ヒット数34
作成日2016.03.23
更新日期2018.12.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
550800

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ