サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
慧山超海與清代溈山佛教的中興
著者 劉立夫 (著)=Liu, Lee-fuv (au.) ; 汪克
掲載誌 世界宗教研究=Studies in World Religions
巻号n.5
出版年月日2014
ページ43 - 51
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート劉立夫,中南大學國學研究中心主任,中南大學公共管理學院教授、博士生導師;汪克,中南大學公共管理學院博士研究生。
キーワード慧山超海; 清代; 大溈山
抄録清代湖南佛教史上最值得關注的事件,是溈山佛教的中興。明萬歷年間,溈山密印寺在一場大火中化為烏有。為復興這一古老的溈仰宗祖庭,大圓上座、五峰如學、養拙行明、慧山超海等禪師付出了艱苦的努力,其中,尤其以慧山超海的功勞最著。慧山超海對清代溈山佛教中興之作用,主要集中於以下三大事業:(1)重修殿宇,再現溈山唐宋道場之規模;(2)恢復寺田,奠定清代溈山寺院經濟之基礎;(3)由其直系弟子釐定溈山清規,為清代溈山佛教發展提供製度保障。清代溈山佛教的影響能夠一直延續到民國時期,在湖南佛教乃至全國佛教中獨樹一幟,溈山超海當為第一功臣,稱其為"靈祐再來"並無不當。
目次一、溈山佛教盛於唐宋而衰於明季 43
二、慧山超海重振溈山密印諸寺 46
(一)繼席養拙,法源天童 46
(二)"海內名藍,大溈稱最"46
(三)寺田數百,輸賦免差 47
(四)溈山清規的確立 49
三、慧山超海在湖南佛教史上的地位 50
ISSN10004289 (P); 10004289 (E)
ヒット数280
作成日2016.03.31
更新日期2019.08.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
550994

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ