サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 中華民國佛教華嚴學會=Huayen World Community です
加えサービス
書誌管理
書き出し
西夏佛教中之「華嚴信仰」=The "Huayan Belief" in the Tangut Buddhism
著者 索羅寧 (著)=Solonin, K. J. (au.)
掲載誌 華嚴學報=Journal of Huayen Buddhism
巻号n.4
出版年月日2012.11
ページ97 - 114
出版者中華民國佛教華嚴學會
出版サイト https://www.huayenworld.org/
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード西夏佛教=Tangut Buddhism; 華嚴信仰=Huayan teaching; 遼佛教=Liao; 圓教=Perfect teaching; 黑水城=Khara-Khoto; 西夏佛教體系; chan buddhism
抄録本文章試論西夏佛教之系統性。近數十年西夏佛教研究有了新進展,但集中在個別文獻之研究,並尚無對西夏整體討論。筆者文章在其人對於西夏佛教文獻瞭解基礎上,提出幾個關於西夏佛教體系的假設。第一,漢傳宗派判教不適合描述西夏漢傳佛教;第二,西夏佛教存在著幾個「信仰體系」,其中最主要是所謂的華嚴信仰。西夏華嚴信仰與漢傳佛教中的華嚴宗不全同;第三,西夏華嚴信仰之義理來源非在中原佛教,而在遼代所謂圓教內。第四,西夏華嚴信仰與西夏皇室佛教有密切關係;第五,西夏存在著官方和民間的佛教體系,而華嚴信仰屬於官方佛教體系之內。

The paper is an attempt to analyze certain peculiarities of the Sinitic Buddhism as it is represented by several texts discovered in Khara—Khoto. The author suggests that in the Tangut State there existed a specific denomination of Buddhism, associated with the Huayan teaching of the late Tang. This doctrine, provisionally identified as the «perfect teaching» constituted the core of the official Buddhism in the Tangut state and was associated with imperial Buddhist cult. This also suggests, that the Huayan teaching in the Tangut state existed in a form different from the Huayan tradition of the Tang dynasty. The Huayan teaching in the Tangut state apprantly provided a framework for the unversal synthesis, which incorporated various traditions, including the «Chan contemplation» and probably Buddhist esoterism.
ISSN22226685 (P)
ヒット数429
作成日2016.04.25
更新日期2022.12.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551423

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ