サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「理事無礙」與「事事無礙」之間的主體實踐 -- 從西谷啟治看華嚴思想史上爭議性問題
著者 李雨鍾 (著)
掲載誌 2015年國際青年華嚴學者論壇論文集
出版年月日2015
出版者華嚴專宗學院國際華嚴研究中心
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード理事無礙; 事事無礙; 主體實踐; 一多; 回互相入
抄録通過梳理華嚴思想史上「理事無礙法界」與「事事無礙法界」概念的演進歷
程,我們發現其中隱含的主體體驗實踐難題,使得法藏與澄觀擺蕩在「理」、「心」
之間,無法徹底地於「理事無礙」之外推出獨立完滿的「事事無礙」;其後我們轉
而從「十玄門」中「一多相容」與「主伴圓明」這兩對特殊的關係結構中,發現
了導致上述困境的一些內在線索。然而經由展開日本京都學派代表性人物西谷啟
治的觀點,我們發現在其與華嚴思想極為近似的「回互相入」、「一切即一」的論
述基礎中,蘊含著擺脫上述困境的場所論路徑;在西谷的「空之場」中,主體實
踐能夠圓融地與「事事無礙」為一,進而在「互為主從」的關係結構中證成大乘
佛教自利利他的倫理實踐原則,頗值得我們當代研究者予以借鑒。
目次一、前言 N-2
二、法藏與澄觀之間 N-3
三、西谷啟治的「事事無礙」詮釋 N-7
四、結語 N-11
ヒット数53
作成日2016.05.05
更新日期2022.09.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551696

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ