サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
敦煌莫高窟唐代繪畫顏料分析研究=Pigment Analysis On Tang Dynasty Murals at The Mogao Grottes
著者 李最雄
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.4 (總號=n.74)
出版年月日2002.08
ページ11 - 18
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード莫高窟; 繪畫顏料; 唐代
抄録本文通過現場調查和大量繪畫顏料試樣分析 ,介紹了敦煌莫高窟唐代壁畫彩塑顏料的分析結果。又與莫高窟早期及新疆克孜爾石窟繪畫顏料對比研究 ,論述了莫高窟唐代繪畫顏料的特征及應用規律。同時 ,通過大量的模擬試驗和對壁畫變色顏料試樣的分析 ,研究了莫高窟壁畫顏料的穩定性 ,特別研究了鉛丹的變色機理。最后還論述了防止壁畫顏料變色的問題。

After the analysis of a large number of pigment samples, which were collected from the murals of Tang Dynasty at Mogao Grottoes, the conclusion was drawn. And by comparing those pigment samples,which were collected from the wall-paintings of earlier period of Mogao Grottoes and Kyzil Grottoes, the feature of the pigments and the rule that was obey in Tang Dynasty at Mogao Grottoes were concerned by this paper. Meanwhile, through a great quantity tests, the stability of the pigments of the murals at Mogao Grottoes were probed into, particularly the mechanism of the discoloration of red lead. Additionally, the problem was discussed that how to preventing the pigments of the wall-paintings from changing color.
ISSN10004106 (P)
研究種類石窟; 繪畫
研究年代唐代
研究地域甘肅(敦煌莫高窟)
ヒット数249
作成日2016.05.12
更新日期2018.02.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
556941

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ