サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
修復加固材料對莫高窟壁畫顏料顏色的影響=The Effect of Color Change by the Application of Conservation Materials in Restoration and Consolidation in Grttoes
著者 范宇權 ; 李最雄 ; 于宗仁 (著)=Yu, Zong-ren (au.) ; 趙林毅 ; 樊再軒
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.4 (總號=n.74)
出版年月日2002.08
ページ45 - 56
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード修復; 加固材料; 色度; 壁畫顏料
抄録 實驗選擇了國內外通用的一些壁畫修復材料和最新研制的一些材料 ,對制作的壁畫模擬試塊的顏料進行了加固 ,并對加固后的試塊進行了濕度變化、CO2 以及光照老化實驗 ,通過顏料監測和分析研究 ,證明了在莫高窟特殊的干燥環境中 ,目前采用的聚醋酸乙烯乳液和實驗中選擇的聚丙烯酸乳液是適宜、有效的壁畫修復材料。

We selected some common materials in restoration and some the latest ones, which used for conservative purpose on the wall-paintings at Magao Grottoes, and worked on the simulated pigment samples. After aging at different environment-relative humidity, CO2 and light, the color changes of the pigment samples were measured and calculated. An analysis of color data shows that polyvinyl acetate emulsion and polyacrylic acid emulsion are better materials for the conservation of wall painting at such a dry environment of Mogao Grottoes.
ISSN10004106 (P)
研究種類石窟; 繪畫; 文物維護
研究年代中國-無
研究地域甘肅(敦煌莫高窟)
ヒット数245
作成日2016.05.12
更新日期2020.10.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
556974

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ