サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
西藏薩迦寺壁畫修復現場試驗研究=Field Testing Study on Conservation and Restoration of Sajia Temple in Tibet
著者 王旭東 (著)=Wang, Xu-dong (au.) ; 段修業 ; 李最雄 ; 傅鵬 ; 劉濤
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.4 (總號=n.92)
出版年月日2005.08
ページ16 - 23
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード西藏; 薩迦南寺; 壁畫; 現場試驗; 西藏薩迦寺; 壁畫修復
抄録壁畫保護修復是薩迦寺保護維修工程的重要組成部分。依據《中國文物古跡保護準則》,在前期壁畫保護現狀調查評估、室內實驗的基礎上,有針對性地開展了薩迦寺壁畫保護修復現場試驗研究。現場試驗選取塊石墻和夯土墻體上的地仗空鼓、開裂錯位、顏料層起甲、地仗酥堿等幾種典型壁畫病害,根據“最大兼容和最小干涉”的保護修復原則,進行了保護修復材料和現場修復技術的篩選研究,取得了滿意的效果,為大面積開展修復工作奠定了基礎。

The conservation and restoration of wall-painting is one of the important part of the conservation project of Sajia Temple. According to the Principles for the conservation of Heritage Sites in China ,we have laid emphasis upon a careful investigation of the site condition and then combining with the laboratory study, the field testing study of conservation and restoration of wall-painting in sajia Temple had been completed. The topical deteriorations distributed in the stone wall and rammed wall were chosen. These deterioration facts include detachment and crack of the plaster, flaking of color layer, decay by salts of the plaster. Based on the basic conservation principles of wall-painting which are maximum compatible of the conservation material and minimum intervention, the chosen tests of the conservation materials and techniques were successfully carried out.
ISSN10004106 (P)
研究種類繪畫; 文物維護
研究地域西藏(日喀則薩迦寺)
ヒット数261
作成日2016.05.12
更新日期2020.10.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
557119

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ