サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
敦煌莫高窟壁畫酥碱病害的機理研究之二=The Cake: A Kind of Food of Dunhuang during the Tang and Five Dynasties Periods
著者 郭宏 ; 李最雄 ; 裘元勛 ; 湯家鏞
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.4 (總號=n.58)
出版年月日1998.11
ページ159 - 172
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
抄録In ancient times, the cake occupied an important position in food and drink in Chi- na. No kind of food could have so strong influence on the food custom in China as thecake. The cake appeared in Dunhuang very early. We can find that the earlest recordswere in the Han dynasty. The cake had a great variety and was the main food of Dun-huang people during the Tang,Five Dynasties and Song periods. According to the histor-ical records. there were nearly 30 kinds of cake. such as: Hubing, Xibing, BiLuo,Niantou, Bueou, Duibing, etc. The paper analyses and discasses the appellation, formand raw material of the cake.
ISSN10004106 (P)
研究種類石窟; 文物維護
研究年代中國-無
研究地域甘肅(敦煌莫高窟)
ヒット数276
作成日2016.05.12
更新日期2018.01.31



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
557486

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ