サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
從釋迦、彌勒到阿彌陀佛,從無量壽佛到阿彌陀佛─北魏至唐的變化=From Sākyamuni、Maitreya and Amitābhabuddha Then From Amitāyus to Amitābha: The Changes Taken From The Northern Wei Dynasty to The Tang Dynasty
著者 塚本善隆 ; 施萍婷 ; 趙聲良
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.5 (總號=n.87)
出版年月日2004.10
ページ36 - 39
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード釋迦; 彌勒; 無量壽佛; 阿彌陀佛; 龍門石窟
抄録 無量壽佛與阿彌陀佛為同一佛名的不同譯名,六朝時流行意譯的“無量壽”而唐代流行音譯的“阿彌陀”,從中反映了隋唐佛教信仰的一些發展變化,這些史實通過龍門石窟等雕刻表現出來。

Amitāyus and Amitābha are two names of Amitābha Buddha. The two were translated into the term by different time showing the emphasis point on their innate meanings at the different periods of Chinese history. Amitāyus, the Buddha of Infinite life, was widespread during the Southern Dynasty, and Amitābha, the Buddha of Infinite Light, was the prevalence during the Tang Dynasty. The fact that the shift terms in using name of Amitābha Buddha has refected the fact that some change of Buddhist Belief has taken place during the Sui Dynasty and The Tang Dynasty, and this changes in belief had been truly displayed on the Buddhist sculptures carved in the Longmen Grottoes.
ISSN10004106 (P)
研究種類數位化
研究年代唐代
研究地域河南(洛陽龍門石窟)
ヒット数455
作成日2016.05.12
更新日期2018.03.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
557800

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ