サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
新出土的唐尼姑李勝才墓志考證及相關問題探討=Research on the epitaph of Li Shengcai of the Tang Dynasty and the Related Questions
著者 程義 (著)=Cheng, Yi (au.) ; 肖健一 (著)=Xiao, Jian-yi (au.) ; 王維坤 (著)=Wang, Wei-kun (au.)
掲載誌 西北大學學報 (哲學社會科學版)=Journal of Northwest University (Philosophy and Social Sciences Edition)
巻号v.37 n.3
出版年月日2007.05
ページ86 - 91
出版者西北大學學報編輯部
出版地西安, 中國 [Xi'an, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:皆為西北大學文博學院
キーワード李勝才=Li Shengcai; 李讓夷=Li Rangyi; 世系=genealogy; 郡望=prefecture locations; 寧安鄉=Jianggu Village
抄録為了探討李讓夷的世系、歷官、郡望和唐代武宗滅佛事件的背景,對西安曲江池村新出土的李勝才墓誌做了詳細的考證。通過文獻和地下碑銘互相印證的方法,確證李讓夷既不是隴西李氏,也不是趙郡李氏。他死於由淮南軍返京的途中,而不是死在東川節度使任上。同時這方墓誌對理解武宗滅佛事件的背景也有所幫助。

After the deliberate investigation into the newly unearthed epitaph of Li Shengcai (a Buddhist nun, the younger sister of Li Rangyi who was a prime minister in the later Tang Dynasty) at Qujiang village in Xi'an, and with the mutual proof of historical documents, the genealogy, the official titles, prefecture locations related to Prime Minister Li Rangyi are discovered. Li Rangyi neither belonged to the family Li at Longxi (隴西), nor to the family Li at Zhao jun (趙郡). He died virtually on the way from Yang zhou (揚州) to Chang'an (長安), not on his duty as high military officer in Dongchuan (東川). Eventually, this discovery offers new materials for the the research on the Late Tang society.
目次一、墓誌的形制與錄文 86
二、誌文涉及的相關問題考釋 87
三、李勝才和李讓夷的生平事蹟考 88
四、李勝才的返京時間及原因 90
五、墓誌中所反映的其他問題 90
ISSN10002731 (P); 10002731 (E)
研究種類歷史; 文獻資料
研究年代唐代
研究地域陝西(西安)
ヒット数217
作成日2016.05.12
更新日期2019.09.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
559537

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ