サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
砂礫岩石窟岩體裂隙灌漿新材料研究=On New Fracture Grouting Material for Conglomerate Grottoes Rock
著者 李最雄 ; 趙林毅 ; 李黎
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.6 (總號=n.130)
出版年月日2011.12
ページ59 - 64
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード料礓石 ; 阿嘎土; 砂礫巖; 特性
抄録將中國古代建筑中使用的兩種硅酸鹽建筑材料阿嘎土和料礓石經1000℃焙燒3小時后,對其進行物理力學特性研究。試驗研究結果發現,燒料礓石和燒阿嘎土具有特別小的收縮變形性、大的孔隙率和良好的透水性及透氣性、良好的水穩定性及力學強度、強的耐堿性介質性、強的耐凍融性、抗風蝕性及耐候性(即溫濕度變化對其強度的影響性)等。因此,中國傳統的古建筑材料阿嘎土和料礓石經高溫焙燒改性后可作為一種很好的砂礫巖石窟巖體裂隙灌漿材料。

The physical and mechanical properties of two silicate materials used for Chinese ancient architecture,Aga soil and Ginger net,are studied by burning them at 1000℃ for 3 hours.The results show that the burnt Aga soil and Ginger net possess good material properties,such as very low contraction deformation,big porosity,high permeability stability and mechanical intensity,and resistance to the erosion of alkaline medium,freeze-thawing,wind erosion,and weather.So the ancient typical building materials Aga soil and Ginger net burnt at high temperatures could be used as excellent materials for grouting conglomerate rock fracture.
ISSN10004106 (P)
研究種類石窟; 文物維護
研究年代中國-無
研究地域中國
ヒット数187
作成日2016.05.12
更新日期2018.05.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
562795

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ