サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪淨雙修:虛雲老和尚開示錄
著者 釋虛雲
出版年月日2015.09
ページ220
出版者方廣
出版サイト http://www.fangoan.com.tw/index.htm
シリーズ虛雲老和尚系列
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート虛雲老和尚(1840-1959)
  近代中國佛教著名的僧人,經歷清末義和團、民初北伐、對日抗戰、解放初期反右鬥爭等重大歷史事件,他的傳法弟子、學生、歸依居士,遍及朝野,值此中國佛教恢復之際,虛雲老和尚的禪法依舊是當代中國佛教的主流。
抄録禪淨律合一的實修 返歸佛法的根本要義  
  自元、明、清以至民國,參禪或念佛,已是中國佛教修行者抉擇的心地法門。為此,我們選編了近代禪門巨擘虛雲老和尚,自民國北伐統一至解放初期(1929-1953)有關禪淨律一如與三歸五戒的開示。
  此一時期,中國正經歷北伐統一、對日抗戰、國共內戰等大災難、大動亂,生靈塗炭,國土不安,而從虛雲老和尚的系列開示中,反覆強調禪、淨、律合一的實修、返歸佛法的根本要義,反映出中國佛教對應時局說法的方便善巧。在岑學呂彙編之「虛雲和尚法彙」、「虛雲和尚年譜」原有文本的基礎上,添加現代標點、略加修飾語助詞、校正專有名相。
目次序言
虛雲老和尚略傳
學佛貴真實不虛
打佛七貴在一心
《楞嚴經》大意
大悲懺
學佛總以持戒為本
戒定慧是佛子的必須條件
水陸法會緣起
報佛恩
三歸五戒大意
一門深入不可分心
方便為究竟
參禪與念佛
參禪的先決條件
參禪法要
參禪警語
修與不修
師公老和尚的開示
佛七將終開示
開示語錄
甚麼是佛
佛法是家常便飯
如何參話頭
南華禪七開示三則
答禪宗與淨土
佛法的根本要義
老實念佛
立志學佛
末法僧徒之衰相
戒期開示
ISBN9789867078667 (精)
ヒット数709
作成日2016.05.30
更新日期2022.03.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
565566

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ