サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
一部敦煌學者的必讀之作——張涌泉《敦煌寫本文獻學》讀后=A Book That Scholars of Dunhuang Studies Must Read——Notes on Reading the Philology of Dunhuang Documents by Zhang Yongquan
著者 鄧文寬 (著)=Deng, Wenkuan (au.)
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.2 (總號=n.150)
出版年月日2015.04
ページ130 - 135
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:首都師范大學歷史學院
キーワード敦煌=Dunhuang; 寫本=manuscripts; 文書學=philology; 特色=feature; 評介=review
抄録張涌泉新著《敦煌寫本文獻學》獨樹一幟,博大精深,提供了對中古時代寫本文獻認識和研究的基本路徑。書中呈現出作者的深厚功力:對漢字演化史了然于心;對敦煌寫本的書寫特征非常熟悉;實現了與寫手的溝通,極大地把握了寫手的原意;對研究寫本的相關文獻亦格外諳熟。職是之故,作者認為所有研究敦煌文獻的專業工作者均應將該書列為必讀之作,以便提升自己的研究水準。文末有作者對敦煌文獻中的六個口語詞(色、唱、坐、臥、攜、智量)的解讀,或闡釋其義,或提供佐證,亦可參閱。

Zhang Yongquan’s new book the Philology of Dunhuang Manuscripts presents a unique and profound study and provides a basic approach to understanding and researching medieval documents. As the book verifies, the author is not only versed in the evolution history of Chinese characters but also very familiar with the writing styles of Dunhuang manuscripts. He has succeeded in communicating with the original scribes and well understood their texts, and he has also done well in researching relevant documents. Therefore, all scholars specialized in Dunhuang documents must read this book to improve their research. The explanation or textual research of six colloquial words is attached at the end of this paper for reference.
ISSN10004106 (P)
ヒット数85
作成日2016.06.04
更新日期2018.05.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
565741

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ