サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
敦煌佛教感通畫研究
著者 張小剛
出版年月日2015.08
出版者甘肅教育出版
出版地甘肅, 中國 [Gansu, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録這是一部關於佛教傳播過程中歷史人物、歷史事件、佛教聖跡、靈異感應事跡以及各種瑞像圖即敦煌佛教感通畫研究的專著。

全書文字約40萬字,圖片300余篇,主要分為上、中、下三篇。引言部分對佛教感通畫進行了概念上的界定,並對其研究史進行了簡要概述。上篇為圖像考證,包括第一章至第三章,按照圖像來源的地域劃分和類別,對敦煌佛教感通畫中天竺、西域、漢地等地區的各種圖像進行了考證,分別介紹這些圖像的內容,探尋圖像的文獻依據,分析圖像的特征及變化。中篇為綜合研究,包括第四章至第七章,對敦煌瑞像圖的通式的使用、來源、形式進行了探討,對存在較多的敦煌佛教感通畫圖像群的內容、年代、題材組合及演變進行討論,對敦煌藏經洞出土文獻與石窟內佛教感通畫圖像榜題密切相關者進行錄文和討論,對敦煌佛教感通畫題材的來源進行考證。下篇為個案研究,包括第八章至第十一章,對敦煌典型瑞像如涼州瑞像、分身瑞像、莫高窟第220窟主室南壁表層壁畫等進行專題研究。正文之後附錄“敦煌佛教感通畫榜題輯錄”,為以後繼續深入研究敦煌佛教感通畫提供了寶貴的原始資料。

本書是第一部系統研究敦煌佛教感通畫的專著。本書資料收集全面,考證系統深入,對研究佛教史、中西交流史、社會史、民族史、中國繪畫史等具有十分重要的意義。正如樊錦詩女士所評價:“本書是關於敦煌佛教感通畫研究方面的集大成之作,代表了國內現階段在這個研究領域的最高水平。”
ISBN9787542335791
ヒット数412
作成日2016.06.13
更新日期2016.07.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
565982

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ