サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
『維摩経』と『智光明荘厳経』=《維摩經》與《智光明莊嚴經》=Vimalakīrtinirdeśa and Sarvabuddhaviṣayāvatārajñānālokālaṃkāra
著者 高橋尚夫 (著)=Takahashi, Hisao (au.)
掲載誌 佛光學報=Fo Guang Journal of Buddhist Studies
巻号n.2 新1卷
出版年月日2015.07
ページ31 - 71
出版者佛光大學佛教研究中心
出版サイト https://cbs.fgu.edu.tw/
出版地宜蘭縣, 臺灣 [I-lan hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート作者單位:大正大学特任教授
維摩經與東亞文化專刊
キーワード『維摩経』=《維摩經》=Vimalakīrtinirdesa; 『智光明荘厳経』=《智光明莊嚴經》=Sarvabuddhavisayāvatārajñānālokālamkāra; 「文殊讚仏法身禮」=〈文殊讚佛法身禮〉=“Chapter on Mañjusrī Praise the Buddha and Homage to the Dharma Body”; 法身=dharmakāya
抄録 大正大学綜合仏教研究所は 1999 年 7 月にポタラ宮所蔵梵文写本調査を許可され、『維摩経』と『智光明荘厳経』を発見し、その影印版を日中共同で出版した。その発見の経緯について簡略に述べ、同じ帙に包まれていた『維摩経』と『智光明荘厳経』の関連について若干の考察を加えた。
一つは、如来の法身について、『智光明荘厳経』の「文殊讚仏法身禮」と『維摩経』「方便品」の第 12 節「如来の身体」、「見阿閦仏品」第1節の「如来をどのように見るか」等に列挙される法身の特徴が、共通の理解を示していることについて報告した。と同時に、弘法大師空海による「文殊讚仏法身禮」の方円図について紹介した。
一つは、『維摩経』と『智光明荘厳経』に出る共通の偈頌について、『維摩経』に出る 4 偈頌を『智光明荘厳経』が引用し、5 偈頌に増広した可能性を示唆した。
ただ、共通に維持され膾炙されていた可能性も棄てきれない。

1999 年 7 月大正大學綜合佛教研究所經過許可對布達拉宮所藏的梵文寫本進行調查,發現了《維摩經》與《智光明莊嚴經》,此後由日中共同出版了影印本。本文簡要敘述以上之發現經過,以及對包在同一帙中《維摩經》與《智光明莊嚴經》的關聯性作些許探討。
首先,關於如來法身的問題,分別列舉《智光明莊嚴經》中的〈文殊讚佛法身禮〉與《維摩經》〈方便品〉第 12 節「佛身」、「見阿閦佛品」第 1 節「以何等觀如来」中關於法身特徵的描述,由此推論兩者的共通之處。同時向大家介紹弘法大師空海的〈文殊讚佛法身禮〉方圓圖。
其次,關於《維摩經》與《智光明莊嚴經》共通的偈頌部分,探討了《智光明莊嚴經》有可能引用了《維摩經》的 4 偈並被增廣至 5 偈,但也不排除兩經共同傳承而廣為傳頌的可能性。

In July, 1999, the Institute for Comprehensive Studies of Buddhism at Taisho University received approval to examine the Sanskrit manuscripts stored at Potala Palace, upon which the Vimalakīrtinirdeśa and the Sarvabuddhavisayāvatārajñānālokālamkāra were identified. Subsequently, duplicate version of the manuscripts was published jointly by Japan and China. The present paper will give a brief overview of the process for which the two texts were discovered as well as a discussion on the relationship between the two manuscripts, which were wrapped in the same satchel.
First of all, the issues concerning Tathāgata-dharmakāya, will be looked at. The descriptions on the characteristics of dharmakāya found in: “Chapter on Mañjuśrī Praises the Buddha and Homage to the Dharma Body” of the Sarvabuddhavisayāvatārajñānālokālamkāra and in Vimalakīrtinirdeśa, “Chapter on Skilful Means”, section 12, “Buddha body” and “Chapter on Vision of the Aksobhya Buddha”, section one, “How would one view the Buddha”. Commonalities between the two texts can be deduced from the above comparisons.
Next agend a for d iscussion is regard i ng common verses between Vimalakīrtinirdeśa and Sarvabuddhavisayāvatārajñānālokālamkāra. It is probable that the Sarvabuddhavisayāvatārajñānālokālamkāra has quoted four verses from the Vimalakīrtinirdeśa and expended them into five verses. It is also possible that the two scriptures inherited from common tradition and were widely disseminated.
目次論文要旨 31
中文摘要 32
Abstract 33
一、維摩経発見の経緯について 35
二、文殊讚仏法身礼について 39
三、「文殊讚仏法身礼方円図」についての結び 57
四、『維摩経』と『智光明荘厳経』にでる共通の偈頌について 59
引用書目 71

ISSN24143006 (P)
ヒット数225
作成日2016.06.23
更新日期2020.04.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
566165

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ