サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
What to Be Known and What to Be Unknown in Biomedical Research a View from Buddhism
著者 Promta, Somparn (著)
掲載誌 The Chulalongkorn Journal of Buddhist Studies
巻号v.5 n.1-2
出版年月日2006
ページ367 - 377
出版者ศูนย์พุทธศาสน์ศึกษา จุฬาลงกรณ์ มหาว ทยาลัย=Centre for Buddhist Studies, Chulalongkorn University
出版サイト http://www.cubs.chula.ac.th/
出版地Bangkok, Thailand [曼谷, 泰國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録When this paper talks about a thing called ‘the real self,’ this does not mean that the author thinks that Buddhism accepts that there is some kind of self taught in Buddhism. As we know, Buddhism teaches that there is no self. But the self rejected in Buddhism is metaphysical self. The real self mentioned in this paper is empirical self, the self that we can experience. The paper does not intend to explore the metaphysical self; so the real self given in the paper can be based on any metaphysical view. That is, it does not matter you are materialist (who believes that life consists of matter only and the brain is responsible for all mental properties) or idealist (who believes that besides the material body there exists the mind or the soul and the latter is responsible for every mental property such as thinking), all of you can perceive the real self, the self that tends to anything to make life higher from merely instinct-based life.
ISSN22291229 (P)
ヒット数129
作成日2016.07.12
更新日期2022.03.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
566992

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ