サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The aśubhā Meditation in the Sarvāstivāda
著者 Dhammajoti, K. L.
掲載誌 Journal of the Centre for Buddhist Studies, Sri Lanka
巻号v.7
出版年月日2009
ページ248 - 295
出版者香港佛法中心有限公司=Buddha-Dharma Centre of Hong Kong Ltd.(BDCHK)
出版サイト http://buddhadharma.co/
出版地香港, 中國 [Hong Kong, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
目次1. Abhidharma and meditative praxis 248
2. The various contexts of the application of the asubha 249
2.1 The asubha as a practice of kayanupasyana
2.1.1 The asubha as pratimukhi smrti
2.2 As the specific antidote for sensual craving
2.2.1 asubha as mditation on the nine or ten stages of decomposition of a corpse
2.3 The context of the contemplation on loathsomeness of food
2.4 The context of the eight-fold liberations (vimoksa) and spheres of conquest (abhibhv-ayatana)
2.5 The context of the 10 ideations (samjna)
2.6 The context of the fivefold "meditative attainment of vision" (darsana-samapatti)
3. The three levels of mastery 271
(i) Beginner level 271
(ii) The level of having mastered 272
(iii) The level of absolute mastery - going beyond manaskara 272
(a) One who delights in brevity 272
(b) One who delights in details 273
(c) One who delights in details and brevity 273
I. One who delights in brevity 274
II. One who delights in details 274
III. One who delights in both details and brevity 275
4. From the impure to the pure 275
4.1 Positive experience at the accomplishment of the asubha 275
4.2 The "pure liberation" succeeding the asubha 276
5. Is the asubha of the nature of an erroneous illusion? 281
6. Concluding remarks 286
ISSN13918443 (P)
ヒット数286
作成日2016.07.21
更新日期2017.08.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
567245

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ